雪組『ファントム』大劇場⑧~「彩凪さん」アラン・ショレ~

「Bパターン」MY初日(2クール目)観てきました。

宝塚大劇場のキャリエール(グレー髪で背の高いスタッフの方。「支配人」っぽいので勝手にそう思っているだけ)は、昨日に引き続き、お見かけしない・・・

でも、舞台の「彩風さんキャリエール」は健在で、今日も涙を誘う名演技でした。

 

蘭陵王』で帰省したとき「Bパターン」初日と2日目を観たので、今日は3回目。

 

「彩凪さんアラン・ショレ」、前回観た時は、「朝美さん」程、「ちょい悪」の強い個性やクセを感じなかったです。

「カルロッタ」に言いなりなだけの小者で、案外普通の人かも!?の印象でした。

 

今日の舞台を観て、ほぼ印象は変わらなかったので、感想を書く事にしました。

つい、役替わり初日は、Wキャストに目が入ってしまいます。。

あくまで個人的な感想なのでご容赦ください。 

 

「彩凪さんアラン・ショレ」は、「カルロッタ」や「ヴァレリウス」のツッコミ的アドリブが入り、より「カルロッタ」の尻に敷かれている印象が強くなっていました。

  

端的に表すと、

・「カルロッタ」の尻に敷かれて弱い夫 (☆_@;)☆ \(`-´メ)

・「おとぼけ」的3枚目(お茶目)

・「野心・欲」が薄くてあまり感じられない ⇒「悪役度」低い

・「役」のインパクト(存在感)が薄い ⇒「脇役度」高い⤴⤴⤴

 

初日のせいか、役替わりで周囲も演技が変わったせいか、アドリブが少し多く、「笑い」も多めに感じました。

そして「カルロッタ」パワーアップ (*`д´)b

「舞咲さんカルロッタ」のパワフルさには、もう尊敬と脱帽のみです w( ̄Д ̄;)w

 

「カルロッタ」に背後からいきなり、ドンと背中を叩かれ「わっ」とビビったり、「ヴァレリウス」にまで、ツッコまれている辺り、立場が弱そうで、軽く扱われ気味。

(笑える)

 

「夫婦」の「悪役っぽさ」は、

 朝美さん「カルロッタ≧アラン・ショレ」

 彩凪さん「カルロッタ>アラン・ショレ」

お二人の「アラン・ショレ」は、かなり違う人物に見えます。

 

 新支配人として、「キャリエール」に対して、大きな態度を取ったり、金儲けしたそうな「ちょい悪」な人物ではあるものの、あまり深く考えてなさそう。

「おとぼけキャラ」の面が印象的で、「野心・欲」をあまり強く感じさせない、憎めない人物。

「3枚目」でした。

 

「カルロッタ」の「ツッコミ」が強く、パワフルになるので、「カルロッタ」の「悪役度」をより引き立たせている印象(カルロッタ比)。

「彩凪さん」が薄い分を「舞咲さんカルロッタ」が補ってる感じ。

⇒「夫婦」がつるんで「悪役」っぽく見えた「朝美さんアラン・ショレ」と違う。

 

「彩凪さん」と周囲のアドリブは、地味に面白いです(お茶目)。

ただ、存在感は「やや薄め」です。

群集場面で登場することが多い「アラン・ショレ」。

注目して観ていると、細かい演技で面白いですが、キャラが薄めなので、目立たない。

 

ビストロで、「クリスティーヌ」の見事な歌唱を初めて聴いた時も、素直に聞き惚れて拍手してました。

(悪い人にあまり見えない)

 

「野心・欲」をアピールできる場面での演技が、あまりインパクトがなく、あっさりしていて、割と「真面目」なので、印象が薄く、アピール度が低い。

 

ただ、その演技と人物像なので、「カルロッタ」が行方不明になった時など、深刻な場面での「真面目さ」に違和感がないです。

 

「アラン・ショレ」役は、演技次第で「人物像」がかなり変わり、舞台での印象も変わるなぁと、実感しました。

 

「朝美さんアラン・ショレ」

 ⇒「アラン・ショレ」自身にも「野心・欲」がある「ちょい悪」で舞台での存在感 

  が大きめ。「野心家でちょい悪感のアピール度の高さ」で「笑い」を誘う印象。

 

「彩凪さんアラン・ショレ」

 ⇒ 「カルロッタ」の尻に敷かれて弱く、あまり深く考えてなさそうな「ちょい悪」で 

  アピール度が低く、存在感薄め。「おとぼけ」な側面で「笑い」を誘う印象。

 

舞台での存在感の大きさが違うものの、「違う人物像」の結果、そう見えました。

 

ただ、「朝美さん」は持ち味(押し出しの強さや眼力:魅力的な面)を活かしていると思いました。

「彩凪さん」の持ち味は、「好き」な割に、パッと浮かばない ?(゚_。)?(。_゚)?

「役」は、どれも馴染んでいて「こんな役が似合う!!」があまりない方です。

(上手い?)

「朝美さん」程、「シャープ」な印象はないので、その印象が出ているのかも!?

 

お二人共、作品に馴染んでいるので、自分の好みについては、MY千秋楽まで考えます。(もうすぐですが・・)

 

さいたまんぬ

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

 

saitamannu.hatenablog.com