「皇位継承は難しいぞ」~『エリザベート』今の月組版で胸に突き刺さる台詞~

エリザベート』には名台詞(印象深い台詞)が沢山あります。

一番に思いつくのは、

トート閣下「死ねばいい!!」

これ、浮かんでも、通じない人(ほとんど)には、使いにくい微妙な台詞。

 

「このままでは・・・・皇位継承は難しいぞ」

(まだ観てないので、微妙に違ったら失礼します。)

 

この台詞は、「名台詞」というよりは、父と息子、それぞれの見せ場です。

ただ、今の月組で、「美弥様フランツ」が、お二人の「ルドルフ」に投げかける台詞としては、別の意味で、胸に突き刺さります。

 

①「美弥様フランツ」:ご本人も自分で仰りながら、よぎってないかな・・。(失礼)

  重々しい語り口なだけに、今の状況には重たすぎる・・・。

②「暁さんルドルフ」:こちらは、「ルドルフ」と重なり、不安を煽る。

 上級生「美弥様」の、愛情あふれる、それ故の厳しいお言葉。

 ショックを受ける「暁さんルドルフ」の表情は、素の「暁さん」に戻ってそう。

③「風間さんルドルフ」:こちらは、演技の一場面として、素直に観れそう。

 今の自分が皇帝(トップスター)になるには、何が不足しているか冷静に考える。

 

すべて、妄想です。

ただ、この場面は、真に迫った演技?で、胸を打つ場面になりそうです。

軽い感じで書きましたが、心の中はかなり複雑。

①は、かなり深刻。

②は、一皮剥けることを期待して、エールを送っている。

③は、「風間さん」初見(今まで舞台で認識できず)なので、定評ある芝居が楽しみ。

 

たとえ、「フランツ役」で大ヒットを飛ばしても、劇団と「宝塚」の流れに、変化はなさそう。

運命は、神(劇団)に委ねられている「宝塚」。

でも、神もここでは人間、心変わりするだけに、ドキドキします。

ハプスブルグ家(月組)の行方が気になります。

 

さいたまんぬ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村